生理不順の人に多い低体温

MENU

生理不順の人に多い低体温

低体温は生理不順とも密接な関係があります。低体温は体を低調にしホルモンバランスを悪化させますので、ホルモンバランスに支配されている生理が不順になるのは当然と言えますね。

 

特に生理が正常に起こっている人のホルモンバランスによって、体は高温期と低温期を繰り返します。しかし低体温はこの低温期を極端に優位にし、高温期が短くなったりあるいは全く来なくなったりしてしまいます。

 

この異常な体温の変動に引っ張られてホルモンバランスの変動の周期もおかしくなり、結果生理不順や無月経などにつながります。

 

生理不順をなんとかするにはやはり低体温を解消するしかありませんが、それと並行して基礎体温をつけていないならしっかり付けることを強くおすすめします。

 

また、生理不順や低体温に悩む人には高麗人参をおすすめします。高麗人参には女性特有の症状であるPMSなどを改善する栄養素がたっぷりであり、女性に適したものであるからです。手軽に摂るなら高麗人参サプリがおすすめです。

 

ホルモンバランスが正常ならば生理周期と連動して必ず高温期と低温期が交互に現れるはずです。これが現れていないなら正常な状態ではありませんし、多少体温が低くても高温期と低温期がはっきり確認でき、高温期で36.5度以上あればあまり深刻に考える必要はないでしょう。

 

またそもそも、低温期の体温だけを測り低体温だと誤解している人も少なからずいるため、基礎体温を付けることは様々な理由において重要と言えます。

 

低体温はホルモンバランスに影響を与え、排卵を滞らせ、生理不順の大きな原因となります。きちんと基礎体温を付けて自分の状態を把握しながら確実に治していきたいものです。