低体温改善に良い食べ物

MENU

低体温改善に良い食べ物

低体温は日々の食事によっても悪化したり改善したりします。昔から人は自然の食品によって寒さをしのいだり逆に暑さをしのいだりしてきました。食材によってどのような効果があるのかを知り、体を冷やす食材を極力避ける必要があります。

 

前述の通り、冷房など無かった時代に人は食べものによって過酷な暑さをしのいできました。そのため、夏が旬の野菜や果物の多くは体を冷やす効果をもっています。

 

特に夏野菜と言われるナスやトマト、きゅうり、ズッキーニなどは体を冷やす効果が高く、だからこそ夏に好んで食べられるわけですが、低体温の方は避けなければなりません。

 

同じような理由で、常夏の国で好んで食べられるスパイス系の食べものには逆に体を冷やすものが多く存在します。

 

一時期流行った甘い飲み物のチャイ、スパイスを使ったものは特にスパイスチャイと呼ばれいかにもスパイシーな香りが夏を連想させますが、用いられるカルダモン等のスパイスはかなり強烈に体を冷やす作用があります。スパイシー=体を温めるというわけではありませんのでご注意ください。

 

低体温・貧血予防に良い食べ物・栄養素

 

逆に体を温めるものは冬によく用いられる食材ということになります。特ににんにくやネギ類、しょうが、唐辛子などは体の芯から温めてくれます。普段の料理にも組み込みやすいのでぜひ活用してみてください。

 

最後に重要なポイントがあります。それは朝食です。朝食を抜くと朝に覚醒状態を作るためのエネルギーが不足し、一日ずっと低調な状態が続き体温も下がったままになってしまいます。朝食はかかさず食べるようにしましょう。